ブライダルエステの日の化粧はどうする?すっぴんじゃないとダメ?

結婚式や結婚披露宴をひかえた方、ブライダルエステで癒しの時間を設けてみてはいかがでしょうか。
普段通りにお仕事やプライベートをこなし、結婚式や披露宴の準備を進めていくと、とても忙しくストレスが溜まりがちな日々を送る事になってしまいます。
時には、夜遅くまでの作業が連日続く事もあるでしょう。
招待客を考えたり、招待状や席次表やメニュー表を作ったり、手作りのグッズを作ったり、ウェルカムボードを作ったり、色々な確認作業、それは前日まで続くのです。
その間に、ブライダルエステという癒しの時間を入れる事で、ずいぶんと違ってきます。
静かで贅沢な空間、フェイシャルやボディを優しくケアされることで、心も体も癒されるでしょう。

 

ところで、ブライダルエステに関して、よくある疑問があります。
その一つが、ブライダルエステで顔の施術を受ける時に、化粧はしていくのか、それともすっぴんじゃないといけないのか、という疑問があります。
お仕事帰りや、用事を済ませてからエステに行くという方は、特に気になるでしょう。
結論としては、化粧をして行っても大丈夫です。
その理由は、フェイシャルのメニューには、ほとんどの場合、クレンジングが含まれているからです。
施術メニューにクレンジングが含まれていたら、エステティシャンによるクレンジングが行われます。
また、すっぴんで行ったとしても施術メニューにクレンジングが含まれていたら、当然クレンジングが行われます。
なので、メイクをして行っても、すっぴんで行っても、どちらでも問題はありません。
(本当に化粧をしたままでも大丈夫なのかと心配な方は、予めお店に確認しておくことをおすすめします。)

 

これと関連した疑問が、ブライダルエステの帰りは、スッピンで帰る事になるのか、という疑問です。
この結論としては、化粧をして帰る事が出来ます。
その理由は、ほとんどエステサロンにメイクスペースがあり、そこで化粧をして帰る事ができるからです。
(ただし、メイク道具は自分のものを持って行っておいた方がいいでしょう。)

 

もちろん、エステの後に何も予定がなく、あとは帰ってお風呂に入って寝るだけ、という方はすっぴんで帰宅してもいいでしょう。
すっぴんで電車やバスに乗ったり、帰り道で誰かと会う可能性があるので、すっぴんで帰るのは恥ずかしいという方は、化粧をしておいた方がいいでしょうね。
この時、いつもの化粧のりとは違うことが実感できると思います。

 

まとめると、ブライダルエステの時には、行く時に化粧をしていてもすっぴんでもどちらでも構いませんし、帰る時も化粧をしてもすっぴんでも、どちらでも大丈夫です。
前後の予定に合わせて決めるといいでしょう。

 

ただ、日焼けや紫外線による肌へのダメージは出来る限り避けたい時期ですので、すっぴんの場合でも紫外線対策だけはしておいた方がいいでしょう。

 

 

仙台のブライダルエステお試し人気ランキング